カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
万能バナーs 安眠バナーs カッサバナーs 岩盤バナーs     
  

糖鎖とは

  糖鎖画像3

世界最先端の科学者、医学者たちによる糖鎖研究により、細胞表面の糖鎖が、
体のあらゆる場面で起こっている生体反応や機能において、重要な働きを
担っていることが判ってきました。

私は癌にならない画像

糖鎖細胞画像1  糖のクサリと書く「糖鎖」とはいったい何でしょうか。?

 人体は約 60兆個の細胞で出来ています。ほとんどの病気はその細胞が
 異常になる事から起こります。
 そのすべての細胞の表面に、クサリ状のヒゲのようなものが数多く存在
 しています。それを糖鎖と呼ばれる物です。
 糖鎖とは細胞が情報収集のためにのばした、情報アンテナの様なものです。
 糖鎖は8種類の糖質の極めて複雑な組み合わせで出来ています。
          <8種類の糖鎖栄養素>
 グルコース・ガラクトース・マノース・キシロース・フコース・
 Nアセチルグルコサミン・Nアセチルガラクトサミン・Nアセチルノイラミン酸



これら8種類の内、グルコース(ブドウ糖)、ガラクトース(乳糖)以外の6種類は、元々人体(肝臓)が 作り出す物です。
しかし、現代人の肝臓は老化だけではなく、ストレスや食品添加物、食物汚染、空気汚染、薬害などの要因で 疲れ果て、これらを作り出す機能が低下して、慢性的な糖鎖栄養素不足に陥っているのです。

糖鎖の働きは重要です。

糖鎖の最大の働きは「自然治癒力の向上、即ち免疫力の向上」です。

先ず基本的な考え方を間単にご説明します。

人体は細胞の集合体ですから、細胞は不健康だけど体は丈夫だと言うことは絶対にありません。
従ってまず、健康な細胞を手に入れる必要があります。
それぞれの細胞は、働きを持っていますが、それらは組織として、或いは互いに協力、補完し合ってこそ充分な
働きが出来る物です。細胞単独では機能しません。
従ってそれぞれの細胞は、隣の細胞や同じ働きをする細胞と緊密な情報交換が出来ている必要があります。
この情報交換の働きをしているのが糖鎖なのです。

糖鎖画像4

細胞同士の情報交換は、生存に関わるもの全て、と言うほど重要です。
細菌、ウイルス、毒物薬物、癌、などの異物情報、ホルモンの情報、各種栄養素情報、生殖情報、修復情報など
など、どれ一つでもおろそかになれば、恐ろしい結果をもたらす物ばかりです。

従ってこれらの情報が糖鎖によって正しく細胞間に連絡され、しっかりとした細胞情報ネットワークが出来て
いれば、健康細胞は生き生きと働き、健康になると言うわけです。これが自然治癒力を高めるわけです。

また、これらの情報が正しく得られてこそ、体内で敵と戦う軍隊であるマクロファージやNK細胞、キラーT細胞
などを臨機応変に出動させることが出来るわけで、これが免疫力強化であります。

ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんも、自身の研究が「糖鎖の分析や応用」の道を開く事の重要性と期待に
ふれているほどで、現在では糖鎖研究は世界的レベルに拡大しています。

癌は細胞の病気です。細胞を健康に保てば癌にはなりません。

私は癌ブロックの三種の神器としてこれらをオススメしています。

         ■K・リゾレシチン・・・・・・・細胞の浄化と栄養素の取り入れ


         ■マルチビタミン&ミネラル・・・・細胞の必須栄養素

         ■糖鎖・・・・・・・・・・・細胞の免疫力の向上