カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
万能バナーs安眠バナーsカッサバナーs岩盤バナーs3波動バナーs美顔石バナーs    
  

驚異の分析結果

 

マサチューセッツ工科大学、最先端科学技術センター■
 『生体反応分析試験』結果

この試験結果は驚くべき物です。下の表をよくごらん下さい。

従来のレシチン》《リゾレシチン》《K・リゾレシチン

これら三つの、体内吸収率や生体反応をテストをした物で、評価はA〜Eまでの5段階で
評価されます。

一般的に売られているレシチン★・・・・ほとんどの部門で評価

低分子化を標榜したリゾレシチン★・・・評価に少し評価が混ざる程度、

神津健一博士のK・リゾレシチン★・・・・・・ほとんどの部門で評価

ここまで違うのか!の圧倒的な違いの意味は重大です。
評価の低い一般的商品は山ほど飲まないと全く効かないと言うことを意味します。

K・リゾレシチンのアルファベストは、一般のレシチンとは全く次元がちがうと言える
ほど、別格のレシチン商品であることをご理解下さい。

レシチン分析画像