カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
万能バナーs 安眠バナーs カッサバナーs 岩盤バナーs     
  

ホメオスタシスって何?


  ホメオスタシス(恒常性の維持)

ホメオスタシスとは19世紀にベルナールによって見いだされ、20世紀に入って
ハーバード大学教授、ウォルター・B・キャノンによって、「ホメオスタシス」
と命名された法則です。
簡単には、人体は温度が高くなると身体の表面に近い部分の血管をひらいて体内に
発生する熱を発散し、更には汗を出して気化熱で温度調節をします。
また、逆に寒いときには血管を収縮させて熱の発散を防ぎます。
同じように、酸、血圧、血糖、電解質、エネルギー、ホルモン、酸素、蛋白質、
など生存に不可欠の要素に対しても、体内、体外の変化に反応して調節機能が働き、
正常値を保とうとします。
このようにホメオスタシスとは、外部の環境変化に対して、自ら体内の内部環境を、
生存に適すように調節することを言います。即ち身体の恒常性を維持することです

ホメオスタシスの三角形

基本的な生命の維持活動は、次の三つの機能によって支えられ、恒常性が維持されています。 ホメオスタシスの三角形として表される三つの機能は、どれ一つが欠けても健康バランスは
保たれず、生命の維持は断たれてしまいます。


ホメオスタシスの三角形2◆自律神経系
  交感神経と副交感神経の働きによって、呼吸、血液の循環、その他
  各種臓器の活動をコントロールをします。

◆内分泌系(ホルモン系)
  各種ホルモンの分泌によって身体のバランス調整をします。血糖値を
  調節したり、ミネラル量や養分量を調節したり、必須栄養素の体内
  合成や排泄を即したりし、身体バランスをコントロールします。

◆免疫系
  ウイルスや細菌、有害物質と戦う身体の防御システムです。更には、
  脳と密接に情報交換して、健康維持をコントロールします。

ー律神経系▲曠襯皀鷏蓮米睚泌系)L髪峽の三つは、独立して機能するのではなく、
お互いに連携して調整しあいながら、体内環境を整え、恒常性を保つ働きをしています。

即ちホメオスタシスとは、本来人間の身体が生まれつき持っている、病気や障害を自身の
力で元の健康体に戻そうとする、身体の制御の働きを意味します。
いわゆる自然治癒力あがる、とはこれらが正常に保たれた状態のことです。

これらの働きを正常に保つには、栄養バランス生活バランスが大切で、崩れる前に自ら
予防医学を心がけ、自然治癒力の向上を目指す必要があります。