カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
万能バナーs 安眠バナーs カッサバナーs 岩盤バナーs     
  

セシウムとテラヘルツ

★セシウム137は、核実験や原発事故によって大気中に放出される、人間が作り
出した放射性物質
です。

★放射性物質のうち、問題とされている元素は、放射性ヨウ素と放射性セシウム
ですが、セシウム137は、放射性ヨウ素と比べて寿命が長く、半分に減るまでの
期間(半減期)が30年と長いことから深刻な問題となっています。

★セシウム137は、通常は土には存在しないのですが、大気圏核実験によって
1960年代から地球全体に広がり、世界中の土壌に僅かながら存在すると言われて
います。

★大気中に浮遊するセシウム137は降雨によって土に入るため、風向きや雨の降
り方によって、局地的に分布する傾向になるようです。

★セシウム137はナトリウム(Na)やカリウム(K)と同じアルカリ金属の仲間
分類され、陽イオンを帯びて、土のマイナスイオンと強く結びつくようです。

★土の中にあるセシウム137は、作物に吸収されますから、体内に蓄積される
恐れがあり、対策が急がれますが、国土全ての除染など出来るわけがありません。


これを見ると恐ろしいですが、現在検出されるセシウム量は、ごく一部
の地域を除き、心配するレベルではなく、、私は微量なセシウムによって
受ける細胞のストレス対策は、テラヘルツ波によって生体リズムを整える
ことが第一だと考えております。