カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
万能バナーs安眠バナーsカッサバナーs岩盤バナーs3波動バナーs美顔石バナーs    
  

放射線対策Ⅰ

放射線対策①・・・放射線を知る。

放射線とは光の一種です。

私たちは直接、間接を問わず、様々な光(電磁波)を浴びて生活しています。
生命は光(電磁波)無くしては生きられません。
植物も動物も同じなのです。

様々な光り

光の仲間には、いくら浴びても無害で、生物の成長を助ける光がありますが、
これらは育成光線と呼ばれ、全ての生物の生体細胞を健康に導く光です。
遠赤外線等が知られていましたが、今やかテラヘルツ波が生命光線として
脚光を浴びています。

また浴びすぎると体に悪影響を受ける光りの仲間もいます。
原発事故で問題になっている放射線や紫外線の一部、また携帯や電気製品で
問題になっている有害電磁波などがこれに当たります。

しかしこれらは全て光りの仲間で、太陽や宇宙から毎日降り注ぎ、植物は
勿論、動物もこれらの光りのバランスによって生かされているのです。

光りの種類

放射線はこれら太陽や宇宙から届く様々な光エネルギーの中で非常に周波数の
高い光です。X線を始め、α線β線γ線などが知られています。

原発事故とは関係なく、私たちは否応なく毎日、放射線を浴びています。
なのに、元気で生きていますし、危険だと感じたことはありません。
むしろ生命活動に必要ではないかと言われております。

ではなぜ放射線、放射線と騒ぎ、恐れるのでしょう??

それはズバリ、放射線を浴びる量によって、生命に悪影響を及ぼすからです。

光りの種類2

放射線と育成光線の違いは、体内の善玉菌と悪玉菌の関係に似ています。
悪玉菌が増えすぎると体調不良を引き起こしますが、全くなくなると、それも
体調不良の原因になるようです。
放射線を悪玉光線とするならば、善玉光線とは育生光線となります。
悪玉と善玉のバランスが良いのが一番で、私たちはバランスの上に生かされて
いることに注目しましょう。

放射線も、単純に悪物として恐れ過敏になるだけでは、何も解決しません。

私たちは冷静に自衛策を考える必要があります。

放射線対策Ⅱへ

ページトップへ